東北青春18きっぷ旅3日目

3日目は家に帰る。明日から学校だし、一限に潜りたい科目があるのでなんとしてでも着かねばならない。10回くらい乗り換えがあるが、「トラブルさえなければ」ふつーに間に合う。

天才なので朝4時半に起きて5時宮古発の始発電車に乗ることに成功する。

朝早すぎてジャージャー麺は食べられず

一ノ関に到着。

小牛田行きに乗り換えようとした時に事件は起こった。

信号関係故障により運休。
僕くらいの経験値があると驚くこともなく当たり前のように一ノ関駅周辺の情報を調べ始める。イレギュラーのない旅なんて旅じゃないのだ。
タクシーに乗れば中尊寺金色堂があるようだが、しっかり勉強してゆとりを持って行きたい場所なので断念。お金もかかるし。

一ノ関は駅弁の品揃えが豊富らしい。よく考えると電車の旅をしておきながら1度も駅弁を食べていない。
この旅は東北にお金を落とすことが目的だと自分に言い聞かせ、人生で一番高価な牛めしを買った。

熱化学方程式なつかしいなぁ

食べてみるとホッカホカでめちゃくちゃうまい。そして肉がとても柔らかく、噛むほどに旨みが口の中に広がる。普段食べている牛めしはなんだったんだと思わずにはいられない。
幸せを噛み締めているとまたアナウンスが入った。
「信号関係故障の影響で仙台〜白石間は16時まで運転を見合わせております。現在運行している電車にも大幅な遅れが発生する見込みです。大変申し訳ございません。」

  

オイオイオイ。死ぬわオレ。
さすがにこれ以上大幅に遅れるとまずい。
何より遅れるせいで時間が読めないのがまずい。僕の所持金は800円とクレジットカードと24時で使えなくなる青春18きっぷ1回分。さぁどうする。

とりあえず現実逃避で駅を降りると、大槻三賢人の像が僕をあざ笑うかのように立っていた。

アシュラマンか! !!

しょうがないのでとりあえず次の電車に乗る。

大幅に遅れつつもなんとか仙台に到着。(14:02)

仙台を逃すと当分大きな都市はないので、ここから遅延地域をヒッチハイクでワープすることを決意。

いつもならすんなりいくのだが、仙台の街並みが頭に入っておらずどこでスケッチブックを掲げれば良いのか分からない。

二郎すら閉まっている始末

2時間以上仙台の街をさまよい歩き、ようやく車が拾えそうなスポットを見つける。

ありがたいことに30分ほどで拾って頂き仙台を脱出。(17:08)

土木作業帰りの兄ちゃんたちだった

菅生PAに到着。(17:20)

お礼を言って別れてから5分で次の車に拾って頂いた。ありがてぇ。

噛めば噛むほど味が出る牛たんジャーキーをいただいた
天才的においしく、二時間くらい噛んでいた
米沢へ帰る途中の老夫婦だった

国見SAに到着。(17:55)

今日中に帰れますかねぇと弱音をこぼす僕に「為せば成る、為さねば成らぬ何事も、成らぬは人の為さぬなりけり」という上杉鷹山の名言を教えてくださった。

そしてスケッチブックを掲げて15分が経過したあたりで成ってしまう。

宇都宮まで帰る途中だという山形のとある市の市議会議員の方に乗せていただけることになった。

二時間半の長時間のドライブだったので、その方の学生時代から当選するまでのお話や地方議会の現状についてのお話などを聞くことができた。

政治家は汚職や失言ばかりが報道されて肩身が狭いというお話は切実なもので、僕も認識を改めるべきだと思った。こんなにも熱い想いを持って地方創世に取り組んでいる方もいるのだ。

宇都宮に到着。(20:36)

ここからは電車に乗り、渋谷に到着。(22:29)

家に帰ると愛すべき我が家族が迎えてくれた。ただいま。(23:03)

 

この記事に検索で辿り着いた方はスケジュールに関して全く参考にならなかったと思いますが、東北の方々の温かさやご飯の美味しさや自然の雄大さは僕が保証します。
今年は釜石でワールドカップがあるので、アクセスの良い大船渡ゲストハウスやゲストハウス3710を利用してみてはいかがでしょうか?

 

とても長い文章になってしまう&プライベートな内容も多いのでどこまで書いてよいのか分からないという理由で、二つのゲストハウスのオーナーの話と乗せてくださった市議会議員の方のお話は手短に済ませました。(聞いてくれれば話します)

トラブル続きの行き当たりばったり旅でしたが、人の優しさにたくさん触れることができた素晴らしい旅でした。

大学生になってから何度か旅をしていますが毎回毎回人の温かさに触れている気がします。

これを「俺は『モッテる』なぁ。ありがたいなぁ。」で終わらせず、学生、若者、同年代、最終的には全人類に返していけるような大きな人間になってやろうと思います。

みんな、待ってろよ!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする