しょぼい起業で生きていく

みなさんは「えらいてんちょう」(通称えらてんさん)という方をご存知でしょうか?

この方が本を出版されたということでその感想を書いていきたいのですが、このブログの読者の方々にざっくりとえらてんさんはどんな人物なのかをまずお伝えしたいと思います。


全国に広がる「イベントバーエデン」というバーの元店長で、様々な事業に携わっている方です。その傍らで「えらてんチャンネル」というYouTubeチャンネルも持っていて、そのチャンネル登録者数は10万人を超えています。

そもそも僕がえらてんさんを知ることになったきっかけはエデン本店に初めて行った時、その場で飲んでいる様々な人から「このバーの店長が凄い人だから会ったらあいさつしておくといいよ」と言われたことでした。

その日は結果としてえらてんさんは来られなかったのですが、Twitterをフォローして発言を眺めていました。

するとその数日後に「大木英持」という方が起こした事件についてえらてんさんがあれこれと発信し始めました。

僕はこの大木さんという方に「怪しい肩書の人交流会」というイベントで過去に会ったことがありました。

その会の中で「何をされている方なんですか?」と聞いた時に「とりあえず金持ちです。事業やってて土地とか持ってます。今度シェアハウス作ります」と言っていて、めちゃくちゃ怪しいなぁと思いつつ、そういう会だしこんな人もいるかと思ってとりあえず信じていました。後日シェアハウスのpolcaを大木さんがしていたので投げ銭をしてみたりもしてました。

それから二カ月も経たないうちに大木さんが事件を起こしたと聞いてなかなかショックでしたが、大木さんのどこが怪しいのかを発信・意図せず加担者になってしまった人を叱る・うやむやにして逃げようとしている共犯者に言及しているえらてんさんの様子を追っていくうちに「あぁ、この人は 信用に足る人物だなぁ 」 と確信しました。(詳細はこちらにまとめられています)

 

 

たらたら書きましたが僕はこの方にまだお会いしたことがないので本当のところはよく分からないのですが、とても頭が良く人徳のある人物であることがツイートから感じることができます。

また、この方の周囲にいる人物はとても面白い人が多いです。YouTuber、ライター、経営者などなど個性に溢れた人たちがみなえらてんさんを慕っています。これから紹介するえらてんさんの本はその中の一人である「カイリュー木村」という方に買って頂きました。ありがとうございました。

 

 

それではえらてんさんの本「しょぼい起業で生きていく」を紹介していきたいと思います。

 

この本は”いわゆる”サラリーマン(毎週定時に電車に乗って会社で働く)をすることができない・つらい人に「しょぼい起業」 という別の生き方を紹介してくれています。

起業というとたくさんお金を集めて唯一無二の事業をゴリゴリと進めて会社を大きくしていくイメージがありますが、生活の資本化(いつもやっている仕事をお金に換える)と資産の資本化(すでに持っているものを使ってお金を稼ぐ)によって自分の可能な範囲で収益を上げて生活するのがしょぼい起業です。

 

生活の資本化:毎日移動している時についでに何かを輸送する、経営している飲食店にそのまま住む、など

資産の資本化:所有している車を貸し出す、住んでいる家の一部を貸し出す、など

  

レールの上を外れた人生というとリスクを多く取るギャンブルのような人生になってしまう気がしますが、このような道があるんだと知ることでとても勇気がもらえます。

もちろん普通の人生が悪いというわけではありません。多くの人が選ぶ道にはそれだけのメリットがたくさんあるのです。それがどうしてもつらい人が無理して人生を壊さないための選択肢の一つとしてしょぼい起業をえらてんさんは提案してくれています。

就活を控えて視界が狭くなった人はぜひ読んでみることをオススメします。

 

 

  

今日はえらてんさんの誕生日ということで最寄の本屋さんでもう一冊買いました。読みたい人がいたらあげるので僕に一報ください。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. そうま より:

    初めまして。しょぼい起業で生きていく・・・。ぜひ読んでみたいです!頂けませんか

    • koki より:

      コメントありがとうございます。
      この記事で本の魅力が伝わったなら嬉しいです。
      「差し上げます」と言いたいところですが、あなたはどなたでしょうか?